施設長に振り回されて転職に至った体験談

デイサービスや介護施設などで利用者に尽くす介護士。
現場にはいろいろな立場の人がいて、人間関係もなかなか難しいですね。
このサイトでは、介護士の転職、業界の現状、仕事内容などについての
経験談を掲載しています。

こちらの記事は、施設長に振り回されて転職に至った方の体験談です。

20代女性の体験談
職歴はデイケア2年

プロフィール:
既婚。転勤族の主人と暮らしています。
独身時代は事務の仕事。
今後の主人の転勤や生活スタイルの変化に備えて、
私も次の仕事を探しやすくするために手に職をと思い、
介護職員初任者研修を修了して介護業界に入りました。
デイサービスの職場から退職したときのお話をします。

施設長に振り回されて嫌気がさす

30人ほどの規模のデイサービス施設でした。
法人は、ディサービス、特養、ヘルパー事業など
いくつか施設を持っていて、隣に特養がありました。

施設長が朝令暮改な人で、振り回されることに嫌気がさしました。
現場スタッフやリーダーや利用者や
お世話になっているケアマネも含めて、
みんなで振り回されていました。
振り回されたくない人から施設を辞めていき、
残った振り回されるスタッフと、
施設長の年齢的なこともあわせて朝令暮改が加速していました。

同業の友人に話をしたところ、
彼女の働いている施設で求人を
出しているところだったので、応募しました。
彼女から人事にも話をしてもらい、
面接のタイミング等にも相談に乗ってもらいました。

転職後は安心して勤務

施設長の言うことが安定していることが、本当にありがたいです。

ただ、人間関係が悪いというわけではないですが、
なぜか人を悪く言って煽りたがるスタッフがいます。
どこの施設にも、何かしらの問題点はあるものだと思いました。
それでも以前の施設長から離れられて、良かったと思っています。

負のスパイラルがつらい

介護業界を辞めたいほどの不満はありません。
ただ、人手不足で、スタッフひとりひとりの負担が重くなり、
負担に耐え切れずにスタッフが辞めて人手不足が深刻になって、
というスパイラルが、どうにか改善出来たらいいなと思います。
結局は利用者さんにしわ寄せがいってしまうわけですし、
志をもって介護業界に入った人材が辞めてしまうのは悲しいです。