DUOザクレンジングバームの解約方法

DUOザクレンジングバームの解約方法や解約縛り(契約縛り)の有無等について解説します。場合によっては解約しないほうが得をするケースもありますので、そのあたりについても解説します。

 

 

DUOザクレンジングバームを解約する際には、販売会社より伝えたい事項があるとのことですので、カスタマーサービスに電話連絡をするか、DUOのマイページから問い合わせる必要があります。

 

カスタマーサービスセンターの連絡先はフリーダイヤル「0120-557-020」です。受付時間は(年末年始を除く)平日9:00~21:00、土日祝9:00~18:00です。

 

平日休日問わず受け付けており、平日は21時まで電話が繋がりますので、お仕事が終わってからでも十分に余裕があります。

 

DUOザクレンジグバームを解約できるのは初回分を受け取ってから

DUOザクレンジグバームの定期便は初回価格が大幅に抑えれており、なんと初回に限り50%OFFの価格で購入することが出来ます。しかし、その大幅値引きだけが目当ての人が購入と同時に解約をしてしまう可能性がある為、購入と同時に解約をすることが出来ない仕組みになっています。

 

販売会社の気持ちを考えれば、使ってもいないのに解約の申し出をするというのは失礼というか、マナー違反のような気もします。商品が届いて真剣に使ってみて、それでも満足できない、自分には合わないなと感じたら解約をすればよいでしょう。

 

それに実際に多くの方が利用していて、口コミなどでも評価が高い商品ですので、購入直後に解約してしまって、その後で実際に使ってみたら、とてもいい商品だと感じた場合、もう一度、商品を買い直さなければならず割高になってしまいます。

 

DUOザクレンジングバームに解約縛りはない

インターネット通販の定期便にはしばしば「解約縛り」と呼ばれるものが設けられていることがあります。解約縛りとは「最低でも3カ月の継続が必要です」といった約束のようなのです。

 

初回価格を500円に設定して、その安さにつられて顧客が契約したはいいものの、2カ月目以降は1万円で、それを三カ月続けなければならならず、初回500円、2回目1万円、3回目1万円、合計20500円の支払いになってしまうなどのことがありトラブルになることもしょっちゅうです。

 

もちろん、この解約縛りを消費者に説明せずに購入させる販売会社は非常にまずいですが、大抵の会社はきちんと解約縛りがある旨を販売ページに記載しています。しかし、それが小さい文字だったりすると消費者は見落としてしまい、初回価格の安さにつられて、割高な買い物をさせられてしまうということは往々にしてあります。

 

このように、いろいろと用心しなければならない解約縛りですが、DUOザクレンジングバームに解約縛りは存在しません。初回分を受け取った後なら解約することが出来ます。

 

もちろん、いいと感じたら継続した方が良いですが、肌に合わないですとか、金銭面の都合で解約したいと思った時には解約することが出来るのは非常に安心感があるといえます。

 

DUOザクレンジングバームには全額返金保証も付いている

DUOザクレンジングバームの公式サイトにも記載がありますが、この商品には全額返金保証が付いています。

 

しかも返金条件は、肌トラブルとか不良品ですとか、そういったレアケースだけでなく、商品に満足できなかった場合というものも含まれますので返金のハードルは非常に低いといえます。

 

(だからといって、満足しているのにお金の為に返金を申し出るのはマナー違反です)

 

ですから、万が一商品を使ってみて、メイクの落ち具合や保湿に満足ができない場合は、解約ではなく返金という手段があることも頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

 

DUOザクレンジングバームにはミニサイズが存在する

DUOザクレンジングバームは1ヶ月分が90gで販売されていますが、実は約7日分である20gのミニサイズでの販売があります。

 

返金でも解約でもいいですが、その場合、定期便の特典は消滅していますので、商品を気に入ったのであれば出来るだけ名が付く継続した方がお得です。ですから、事前にミニサイズで自分好みかどうかをテストしておくのは保険として有効な手段といえます。

 

特に、DUOザクレンジングバームは保湿力の高さに定評はありますが、その分、洗い上がりはヌルヌルしていると感じる人がいることも事実で、この辺りは完全に好みが分かれるところではあるでしょう。その辺の好みを確かめる意味でもミニサイズも選択肢の一つとして知っておいて損はありません。

 

DUOザクレンジングバーム解約の前に、お休みやお届け感覚の変更も検討しよう

DUOザクレンジングバームが肌に合わないですとか、他のクレンジングバームのほうが好きだったという場合は解約してしまっても良いのですが、例えば商品を気に入っているのに今月は金銭的に厳しいとか、使用量や使用頻度が少なく、まだ商品が余っている場合はお休み、変更という選択肢があることも知っておきましょう。

 

お休みというのは次回のお届けを止めることです。メイク落としですのでメイクをしない日は使わないという人も多いかと思います。休日が多い月などはバームが余ってしまうこともあるでしょう。そのようなときにはお休みを選択することもできます。

 

また、元々メイクをする機会が少なく、1ヶ月サイクルでは恒久的にバームが余ってしまうという人にはお届け感覚の変更もお勧めです。今のところ、20日・25日・30日・35日・45日・60日ごとのお届けサイクルに対応しています。最長60日まで引き延ばせます。もちろん使用頻度が多い人、一回の使用量が多く早くなくなってしまう方は早めのサイクルにすることも可能です。